育毛剤ランキングと頭皮・発毛の総合ガイド

Fussano

育毛発毛に関する知識

お酒を飲むとハゲる?飲酒とハゲの関係

更新日:

毎日の飲酒が楽しみだという方も、多いとおもいます。しかし「お酒を飲むとハゲる」という噂を聞くと、恐ろしくておちおちお酒も飲めません。果たして本当に、お酒を飲むとハゲてしまうのでしょうか?調べてみました。

お酒を飲みすぎるとハゲやすいは本当か?

お酒を飲みすぎるとハゲるのは、真実です。ハゲるだけで済めばまだ良いほうで、最悪命に関わることもあります。

お酒を飲みすぎるとハゲる理由として挙げられるのが、
・睡眠の質の低下
・肝臓への負担
・栄養不足
の3つです。それぞれ体へどの様な影響を与えるのか確認していきましょう!

 

睡眠の質の低下

お酒を飲みすぎてしまうと、睡眠の質が低下してしまいます。睡眠の質が低下すると髪の毛が十分に成長できず、結果的にハゲてしまいます。

「お酒を飲むと寝付きが良くなるのでは?」と、考えている方も多いとおもいます。寝酒を毎日たしなんでおり、ぐっすりと眠れている方もいらっしゃるでしょう。でも寝付きが良くなるのはあくまでも、”適量”を守っていればの話です。適量よりも多く飲みすぎると、寝付きはどうしても悪くなります。

睡眠は、レム睡眠・ノンレム睡眠の繰り返しによって成り立っています。レム睡眠が浅い眠りにつくのに対し、ノンレム睡眠は深い眠りです。

「お酒を飲むと寝付きが良くなる」というのは、レム睡眠が減るからです。しかしどんなに寝付きが良くなっても、レム睡眠が減っているので、満足な睡眠が得られていません。人によっては真夜中に目が醒めてしまうこともあります。

レム睡眠が少なくなる原因として挙げられるのが、アセトアルデヒドです。アルコールを分解すると、アセトアルデヒドが発生します。お酒を飲むと顔が真っ赤になる方がいますが、顔を赤くしている正体こそがアセトアルデヒドです。

ただアセトアルデヒドはいつまでも体内に居座っている訳ではなく、すぐに分解されます。でも一度に大量にお酒を飲んでしまうとアセトアルデヒドは、分解しきれなくなります。分解しきれなくなったアセトアルデヒドは吐き気や頭痛などの二日酔いを引き起こし、睡眠の邪魔もします

だからぐっすり眠りたい時は、寝酒はなるべく控えるようにして下さい。

 

肝臓への負担

お酒を飲むとハゲる原因は、肝臓へ負担がかかるのも原因の一つです。

肝臓は主に肝細胞で構成されています。肝細胞の中には幾つもの細胞内小器官があり、肝臓を24時間365日可動しています。肝細胞の中に「小胞体」と呼ばれるものがあり、小胞体がタンパク質を作り上げています。健康で艷やかな髪を作り上げるには、肝臓から作られるタンパク質がどうしても必要になります

体に取り込まれたお酒は肝臓により、無害なものへと作り変えられます。しかしお酒を飲みすぎてしまうと、肝臓に大きなダメージを与えてしまいます。

アルコールを一度に大量に飲みすぎてしまうと、肝臓の働きは鈍くなります。場合によっては脂肪肝・アルコール性肝炎にかかってしまう恐れも…。

もし肝臓が病気にかかってしまうと、タンパク質を作り上げることができなくなります。すると健康で艷やかな髪ができなくなり、ハゲを引き起こします

休肝日を作るなどをして、肝臓を優しく労ってあげて下さい。

 

栄養不足になるから

お酒を飲むとハゲる原因は、栄養不足もあります。栄養不足に陥るのは、現代日本に限って言えばあり得ない話です。でもお酒を一度に大量に飲んでいた場合、栄養不足は他人事ではないのです。

飲んだお酒は肝臓で分解され、アセドアルデヒドを発生します。しかしアセドアルデヒドは吐き気や頭痛などを引き起こしてしまい、体に大ダメージを与えます。そこで登場するのが、アミノ酸です。

アミノ酸はダメージを受けた肝臓を解毒し、アセドアルデヒドの代謝を促進する働きがあります。アミノ酸の働きを助けるのがビタミンです。

でもアミノ酸とビタミンは、体で勝手に作られるものではありません。(体内で合成されるアミノ酸もあるにはあるものの、体内で合成するにはアミノ酸を多く摂取する必要があります。)アルコールを分解する際には、大量のアミノ酸とビタミンが消費されます。

アミノ酸とビタミンも、髪の毛を作る大事な材料です。でもお酒の分解に大量に使われてしまうと、健康で艷やかな髪が生えてきません。ハゲに悩んでいるのなら、お酒はほどほどに抑えつつも、アミノ酸とビタミンを積極的にとるようにしましょう。

これら睡眠や栄養不足、過度な飲酒などが抜け毛・ハゲにも影響を及ぼします。ゆえに日々の生活リズムの改善により防ぐことも出来るのです。生活リズムを改善して頭皮環境を整える方法はこちらのページデモご紹介していますので併せてご確認くださいね。

育毛・発毛の為の頭皮環境の改善方法

Contents1 生活リズムの悪化は頭皮環境悪化を招く!2 生活リズムを正す方法は?3 コンビニでも栄養バランスの取れた食事を!4 頭皮環境改善にはマッサージが効果的5 愛用しているシャンプーは合っ ...

続きを見る

お酒とハゲのメカニズム

お酒を飲むと胃で20%、残り80%は小腸で吸収されて血液に溶け込み、肝臓へと送られます。肝臓へ送られたアルコールは「アルコール脱水素酵素」と呼ばれるものの働きにより、アセトアルデヒドと酢酸に分解されます。分解によって発生した酢酸は更に水と炭酸ガスに分解され、最終的には体の外へ出されます。

問題はアセトアルデヒドです。アセドアルデヒドも酢酸と同じく体外へと排出されるものの、変に残ってしまうと嫌な症状を引き起こします。代表的な症例は、二日酔いです。でももっと嫌な症状は、テストステロンとジヒドロテストステロンの変化を誘引することです。

何らかの原因でテストステロンと5αリダクターゼが結びつくと、ジヒドロテストロンが発生します。更にジヒドロテストロンとアンドロゲン受容体が結びついてしまうと、ハゲを引き起こしてしまいます。

テストステロンとジヒドロテストロンを活発化させる働きがあるのが、アセトアルデヒドです。もっと簡単に言えば、お酒を飲むとハゲを引き起こす物質が活発に鳴るという訳です。ハゲを引き起こす物質が活発になってしまうと、どんなに育毛を頑張っても意味がありません。髪を生やしたいのならば、クリニックに頼るしか選択肢はありません。

 

 

ハゲない為のお酒との付き合い方

ハゲないようにするには、きっぱりと断酒しかありません。しかしある日突然「断酒しろ」と言われても、無理な話です。付き合いもあるので、お酒を避けて通ることは不可能です。

 

でもお酒と上手く付き合うことができれば、ハゲる心配はありません。ハゲる心配どころか、逆に育毛効果をもたらしてくれます。

 

お酒の適量とは?

ハゲないようにお酒と付き合う方法は、適量をしっかり守ることです。

「お酒は強いから大丈夫!」と自信を持っている方も多いでしょうが、お酒は少量でも肝臓に負担がかかります。では何処まで飲めば、「適量」となるのでしょうか?ヒントとなるのが、厚生労働省が推進している「健康日本21」です。→ 厚生労働省 健康日本21のサイト

「健康日本21」によると、適量は1日平均アルコール20gとされています。ちなみに女性は男性と比べるとアルコール分解速度が遅いので、男性の1/2の10g前後が適量です。

アルコール20gは、
・ビール中ビン1本
・日本酒1合
・チュウハイ350ml缶1本相当です。

 

ハゲないためのお酒との付き合い方

ただ適量を守らなければならないと頭で分かっていても、どうしてもお酒は進むものです。そこでおすすめしたいお酒との付き合い方は、食事しながらの飲酒です。

お酒は食事と一緒に飲むと、単体で飲むよりも美味しく感じます。またとった食事が胃を守ってくれるので、アルコールのダメージは最小限に抑え込めます。食事のペースを落とせば、飲み過ぎを防ぐことにも繋がります。

また1週間に2日は、休肝日を作りましょう。休肝日を作れば、肝臓へのダメージを和らげることができます。休肝日は肝臓を綺麗にするだけでなく、ハゲの進行を抑える効果もあります。明日からぜひ実践してみて下さい。

 

適度に栄養を補給すること

ハゲないようにお酒と付き合う方法は、適度に栄養を取ることも大事です。

アルコールを分解してできたアセトアルデヒドを解毒する際、大量の栄養素が消費されます。栄養素が大量に消費されると、髪の毛に必要な栄養素が残らずやせ細り抜け毛を引き起こしてしまいます。そのためにも、ハゲを防ぐ栄養素をしっかり摂取することが求められます。

ハゲを防ぐ栄養素は、アミノ酸・亜鉛・ビタミンBです。これら3つの栄養素は艷やかで健康的な髪を作り上げるのに、欠かせません。これらの栄養素が多く含まれる食品をご紹介致します。またご紹介する食品も偏った摂取をするのではなくバランスよく万遍なく摂取することを心がけてくださいね。

■アミノ酸
アミノ酸はハゲを予防するばかりか、人間が生きていく上で重要な栄養素です。アミノ酸が多く含まれている食べ物は、マグロ(赤身)・鶏肉・牛肉・卵・納豆・チーズなどです。生きる上で欠かせない栄養素でもあるので、必ず毎日とるようにして下さい。
■亜鉛
タンパク質の合成を助けてくれる栄養素が、亜鉛です。タンパク質の代謝を促すことにより、ハゲの進行を遅らせることができます。また美肌効果もあるので、女性にもおすすめの栄養素です。亜鉛が多く含まれている食材は、牛肉・牡蠣・しじみ・高野豆腐などです。
■ビタミンB
3つの栄養素の中で多くの方が十分に摂取できていない栄養素が、ビタミンBです。ビタミンBが不足すると疲れやすくなり、些細なことでイライラしてしまいます。ビタミンBは新しい髪を作り上げる働きもあるので、毎日とるようにして下さい。ビタミンBが含まれている食材には、レバー・うなぎ・納豆・チーズ・バナナなどです

 

寝酒禁止

お酒でハゲないためには、寝酒は禁止です。どうしても寝酒をしたいのなら、寝る4時間前に済ませて下さい。「寝酒が唯一の楽しみなのに!!」と嘆きたくなる気持ちも分かりますが、寝酒をすると寝られなくなります。

最初のうちはリラックス効果も高まり、すぐにぐっすりと眠れるようになります。しかし毎日寝酒を続けてしまうと、お酒がもたらしてくれる睡眠効果はなくなります。なぜなら耐性がついてしまい、お酒の量を増やさなければ眠れない体になってしまうからです。

さらに重症化すると、寝酒をしなければ精神的に落ち着かなくなってしまいます。精神的に落ち着かなくなると、眠りたくても眠れません。ここまで来てしまうと、専門医に診てもらうしか方法はないです。

また体内に入ったお酒は分解されますが、分解されるとお酒の効果は抜けて目が冷めやすくなります。ぐっすり眠れなくなってしまうと、ハゲの進行は今とは比べ物にならないほど、早くなるでしょう

ぐっすりと眠りたいのならばお酒よりも、今使っている寝具を見直すことです。体に合っていない寝具を使い続けると、眠りたくても眠れません。また寝る前に、ぬるま湯にじっくりリラックスするのも効果的です。

 

お酒は百薬の長

お酒はハゲを引き起こす原因となり、ハゲたくなければ控えるのが賢明です。しかしお酒によってハゲるのは、一度に大量に飲んでいた場合です。

お酒は昔から「百薬の長」と、言われています。ストレス発散になるのは言うに及ばず、冷え性の改善・善玉コレステロールを増加する効果もあります。更に脳梗塞の発症率を見てみると、お酒を飲む人と飲まない人ではお酒を飲む人の方が低くなっています。

適度な量のお酒は、頭皮にポジティブな要素をもたらしてくれる働きがあります。お酒と上手く付き合うことができれば、ハゲる心配はありません。

特に日本酒と赤ワインは育毛や発毛効果があることが近年わかってきました。ではどの様な効果があるのかご紹介していきます。

育毛効果が高い日本酒

「お酒」と言っても色んな種類がありますが、中でも日本酒は育毛効果が期待できます。

日本酒には、100種類以上のアミノ酸や有機酸が含まれています。アミノ酸は健康な髪を作り上げる上で、絶対に欠かせない栄養素です。さらにアデノシンも日本酒には含まれており、飲み方を間違わなければハゲの進行を抑え込むことができます。

アデノシンとは、髪の成長を後押ししてくれる成分です。血行促進や発毛を促してくれる働きがあります。実際に市販されている育毛剤にも含まれており、効果はお墨付きです。

また日本酒には、「コウジ酸」が含まれています。コウジ酸は細胞の老化を防ぎ、活性化する効果があります。ある化粧品メーカーでは、コウジ酸が本当育毛に効果があるのかどうかを検証しました。検証結果コウジ酸には衰えた頭皮や毛根に働きかけ、育毛促進の効果があると証明されています。

ちなみにコウジ酸には、お肌を綺麗にする働きもあります。日本酒は、肌荒れに悩んでいる女性にもおすすめのお酒と言えるでしょう。

 

頭皮を守る赤ワイン

実はワインも、育毛効果があると言われています。特に赤ワインがもたらす育毛効果は、医学的にも証明済みです。鍵を握るのが酵母です。

赤ワインには酵母が含まれています。酵母の働きにより頭皮の乾燥が抑えられることが、証明されました。頭皮が乾燥すると健康な髪は育ちにくくなり、抜け毛を大量発生させる原因にもなります。でも酵母があれば頭皮の乾燥を防ぐことができるので、抜け毛が出ることはありません。

そして忘れてはならないのが、ポリフェノールです。ポリフェノールは緑茶やコーヒーにも含まれていますが、より多く含まれているのが赤ワインです。ポリフェノールは、肥満予防・美肌に効果があります。そしてアンチエイジング効果もあり、老化による抜け毛を防いでくれます

 

まとめ

日本酒もワインも育毛効果を発揮するのは、適量を飲んだらの話です。どんなに育毛効果が高いお酒でも、飲み過ぎてしまうと却ってハゲてしまいます。

20歳を超えているのなら、お酒を飲んで1日の疲れを癒やすのもいいでしょう。でもハゲだけでなく体のためにも、飲み過ぎには注意して下さい。

-育毛発毛に関する知識

Copyright© Fussano , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.