育毛剤ランキングと頭皮・発毛の総合ガイド

Fussano

原因・対策

ストレスでハゲるのか?髪の毛とストレスの関係と対策法

投稿日:

毎日仕事や人間関係でイライラして、ストレスが溜まっている方も多いでしょう。むしろ「ストレスとは縁がない」という方が、珍しいかもしれません。

ストレスが多くなると気になるのが、髪の毛です。「ストレスでハゲる」とよく言われており、気にしている方も多いでしょう。そこで髪の毛とストレスの関係性や対策法についても取り上げます。

 

ストレスその仕組とは

ストレスの語源

ストレスは元々、物理学で使われてきた言葉です。例えば水風船があったとしましょう。水風船を指で押さえれば、水風船に凹みが生じます。この時、水風船は指の力に反発し、元の形に戻ろうと抵抗しています。

ただカナダ人生物学者は、「外からの圧力で形が変わるものの、抵抗して元に戻ろうとする力は人間にもある」と指摘しました。つまり外部から力が加わると、人間の体も抵抗するのではということです。これらの仕組みを称して、「ストレス」と呼ぶようになりました。

 

ストレスに対する人体の反応

ではストレスを受けると、人間の体はどう反応するのでしょうか?ストレスによるからだの変化を述べる前に、人間の脳みそについて取り上げましょう。

人間の脳みその奥に、「大脳辺縁系(だいのうへんえいけい)」と呼ばれるものがあります。正しくは、海馬・脳弓・帯状回などの器官が密集しているものです。主な機能は、喜怒哀楽を表現することです。

ちなみに夢を見る部分も、大脳辺縁系が関わっているとされています。大脳辺縁系の1つにあるのが、扁桃体(へんとうたい)です。神経細胞の集まりで、感情的な反応を司る役割を担っています。

例えば食べ物を食べて「美味しい」と感じた場合、「美味しい」という情報を受けて、脳へと伝えているのが扁桃体です。「美味しい」の他にも、「嫌だ・不快だ」という感情も扁桃体は脳へ伝えます。不快な感情を受け取った脳は体中へ知らせて、様々な症状を引き起こします。

ストレスがもたらす症状は人それぞれですが、中でも最も厄介なものは認知症でしょう。ストレスがかかると、「コチゾール」と呼ばれる副腎皮質ホルモンが大量に分泌されます。コチゾールが大量に分泌すると、大脳辺縁系の1つである海馬を萎縮します。

記憶を司る海馬が萎縮されると、「覚える」という能力が衰えてしまうのです。今は研究段階でありハッキリしたことはわからないものの、認知症患者の多くは海馬の萎縮が確認されています。

ストレスは想像以上に恐ろしいものです。

 

ストレスによる髪への影響

ではストレスによって生じる髪の影響はどうでしょうか、様々な症状を引き起こすストレス、その症状を見ていきましょう。

抜け毛

まず、よく知られているのが抜け毛です。まず知っておいてほしいのが、「抜け毛は誰でもある」ということです。頭髪に悩んでいる人はもちろん、髪が多く健康な人であっても1日100本近くの抜け毛があるのです。

しかしストレスが溜まってしまうと、抜け毛の数は多くなってしまいます。多くなる理由が血行不良です。

血行不良になると髪を定着させるために必要となる栄養素が行き届かなくなり、抜けやすくなります。もし抜け毛の毛根が黒ずんでいた場合、ストレスによる血行不良で抜けたと見て間違いないでしょう。

そもそも髪は、ヘアサイクルの元で生えています。ヘアサイクルは成長期・退行期・休止期の3つで構成されており、ヘアサイクルが正常であれば何の問題もありません。

しかしストレスによりヘアサイクルが乱れると、通常よりも早く抜けてしまいます。髪が育っている最中に抜けてしまうのでストレスで抜けた髪の毛根は黒くなるのです。

 

円形脱毛症

ストレスは、円形脱毛症(俗に言う10円ハゲ)を引き起こします。

円形脱毛症は読んで時のごとく、頭に円形のハゲができる症状を指します。抜け毛が少しずつ増えるのではなく、ある日突然髪の一部がごっそりとハゲてしまうものです。

ストレスに苛まれると、なんとか回復しようと体は反応します。通常は悪いものを攻撃して追い払うために動きますが、時には体に必要なものにまで攻撃をしかけてしまいます。攻撃対象となったのが髪で円形ハゲ、円形脱毛症の原因となります。

 

抜毛症(ばつもうしょう)

ストレスは、自分で自分の髪を無意識に引き抜く「抜毛症」を引き起こします。本人に「髪を抜いている」という自覚はなく、無意識に髪を抜いているのです。

抜毛症の原因はハッキリしていないものの、ストレスが大きく関係していると言われています。

ストレス解消と聞くと一般的には、友達と騒ぐ・カラオケで大声で歌うなどがあります。でもあまりにもストレスが大きくなりすぎると、無意識で髪の毛をブチブチ抜いて「ストレス解消」につなげているという訳です。

もし少しでも心当たりがあるのならゆっくり休み、症状が酷い時は専門のクリニックを受診することをおすすめします。

 

なぜストレスが進行すると薄毛になるのか?

ストレスによる髪への影響としてよく挙げられるのが、薄毛です。SNSでは仕事が忙しく休む暇がないため、薄毛になったと嘆いている人は大勢いらっしゃいました。

ではストレスが積もると薄毛になるのは、なぜでしょうか?その前に髪の毛が伸びる仕組みについて、説明します。

 

髪の毛が伸びる仕組

髪は毛母細胞にある「毛乳頭」から、作られます。毛細血管から栄養を受け取った毛乳頭は外に伸び、「髪の毛」となります。

ただ髪の毛は半永久的に生えるのではなく、いつかは抜けます。例え髪の毛の量が多くアフロヘア状態になっている人でも、抜け毛はあるのです。髪が抜けた後、すぐに新しい髪が生えます。

しかしストレスで体の状態が悪ければ、新しい髪は生えてきません。ストレスは自律神経を緊張させて、血管を細くします。すると毛乳頭へ届くはずの栄養素が行き渡らず、髪の毛が生えなくなるという訳です。

更にストレスは、亜鉛不足を引き起こします。亜鉛不足に陥ってしまうと、抜け毛は多くなり新しい髪も生えてきません。ストレスが溜まりダメージを受けると、人間の体はダメージを少しでも回復させようとします。

ストレスを打ち消すために必要になるのが、大量の亜鉛です。ストレス解消のために亜鉛を大量に使うと、髪に必要な亜鉛が足りなくなり、薄毛となるのです。

生活環境や食事、栄養バランスから頭皮環境の改善方法もこちらのページでご紹介しておりますので併せてご覧ください。

育毛・発毛の為の頭皮環境の改善方法

Contents1 生活リズムの悪化は頭皮環境悪化を招く!2 生活リズムを正す方法は?3 コンビニでも栄養バランスの取れた食事を!4 頭皮環境改善にはマッサージが効果的5 愛用しているシャンプーは合っ ...

続きを見る

 

ストレス度チェック

ストレスが溜まっているかどうかは、自分では意外と判断できないものです。そこで簡単ではありますが、ストレスチェックをしてみましょう。これから挙げる10項目に、当てはまるものに◯をつけて下さい。

 

・風邪が引きやすく治るのに時間がかかる
・頭痛が頻繁に起きる
・肩が凝っている
・腰や背中がよく痛くなる
・めまいがする。
・寝付きが悪い
・何をするのも億劫になっている
・些細なことでイライラする
・人間関係に悩んでいる
・周りに相談できる人がいない

ストレス度チェックの結果

◯が0~1個 ストレスはほとんど溜まっていません。しかし油断しているとストレスに悩まされる恐れがあるので、注意しましょう。
◯が2個~5個 ストレスは少し溜まっています。ただあまり自覚はなく、ストレスが溜まっていると気がついていない恐れがあります。適宜に運動をするなどをして、ストレスを上手く発散させましょう。
◯が6個~8個 ストレスは溜まっています。酷い人になると、抜け毛が増えるなどの症状が出ている恐れがあります。有休を取って仕事を休むなど、今すぐに対策を立てて下さい。
◯が9個~10個 ストレスはかなり溜まっています。ストレスの元が仕事であれば、転職した方が良いかもしれません。またストレスにより体や精神に不調が出ているのなら、専門医に診てもらって下さい。

 

ストレス対策法

ストレスによる薄毛や抜け毛を予防するのなら、ストレスに対して対策を立てるしかありません。

しかしストレス対策を立てなければならないことは、既に承知済みの筈です。でも実行に移せず薄毛に悩んでいるということは、具体的な対策方法がハッキリしていないからではないでしょうか。

そこでストレスによる、抜け毛・薄毛の対策方法について取り上げます。

モーニングルーティーンを取り入れる

ストレス対策方法は、モーニングルーティーンです。モーニングルーティーンとは、朝に行う習慣を指します。

例えば、朝起きたら顔を洗い歯を磨くことを習慣にしている方も多いでしょう。「顔を洗う」「歯を磨く」という行動そのものが、「モーニングルーティーン」です。

「モーニングルーティーンは毎日している」と、いう声もあるでしょう。でもストレス対策として行うのなら、朝起きてではなく、仕事が始まる直前の行動に注目です。仕事に取り掛かる前に行うことを習慣づけることができれば、ストレス対策になります。仕事前の習慣と言っても、難しく考える必要はありません。

例えば仕事の直前に
・コーヒーを飲む
・トイレに行く
・友達や家族にメールやLINEを送る
これらもモーニングルーティーンの1つです。

女性ならば、軽く化粧直しをするのも良いでしょう。ポイントは何も考えず、無心でできることを習慣づけることです。

モーニングルーティーンを仕事前に行うと、体のスイッチが入り、仕事で結果を出しやすくなります。またストレスにも強くなり、抜け毛や薄毛対策にも役立ってくれるでしょう。

 

考え方を考える

何か特別な行動を起こさなくても、考え方を少し変えるだけでストレス対策になります。

例えば職場で顔も見たくない上司がおり、上司の存在そのものがストレスになっていたとします。すると仕事をするたびに、「あの上司は大嫌い」と考えるでしょう。

しかし、何もかも完璧な人間はいません。誰でも欠点はあります。だから「あの上司は大嫌い」と考えるのではなく、「あの上司は嫌いだけど、良いところもある」と考えを変えてみましょう。

また「出世しなければ成功は絶対にありえない」と考えて、仕事を全力で取り組む方もいらっしゃるでしょう。確かに出世は成功への近道で、仕事を頑張れば実現できるでしょう。

しかし今の時代「出世=成功」は、些か古い考えです。仕事を頑張るのも良いのですが、頑張りすぎるとストレスが溜まるだけです。だから「成功する道は他にもある」と、考えを変えてみましょう。

しかし自分の考えを今すぐに変えるのは、簡単にできるものではありません。考えを変えるのなら、自分の考えを客観的に見てみましょう。もし自分の考えが凝り固まっているのなら、少し柔らかくしてあげて下さい。

 

まとめ

髪の毛とストレスは、密接な関係があります。ストレスが溜まると抜け毛が増え、ハゲを引き起こしてしまいます。

1番の対策法は「ストレスを溜めないこと」ですが、簡単なことではありません。でもストレスとなっている原因をしっかり把握し再認識すれば、ストレスと上手に向き合いコントロールし自分なりの解消方法を見つけましょう。

 

-原因・対策

Copyright© Fussano , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.