育毛剤ランキングと頭皮・発毛の総合ガイド

Fussano

育毛発毛に関する知識

ハゲは遺伝するのか?

更新日:

父親・母親の家系にハゲている人がいると、将来的にハゲるとよく言われています。実際にハゲている人の身内を見てみると、見事なまでにツルツルです。

しかし本当にハゲと遺伝子が関係しているのか、疑いの目を持っている方もいらっしゃいます。果たしてハゲと遺伝子は本当に関係があるのかどうか?

もしハゲの遺伝子が関係しているのなら、為す術がないのかどうかについてもまとめました。

ハゲは遺伝するという様々な見解

ハゲと遺伝子は密接な関係があるとする見解があります。決め手になるのは母親の遺伝子で、母親の血筋にハゲている人がいればハゲになりやすいとされています。

理由は、X染色体にあります。遺伝によってハゲるかどうかはX染色体にある、「アンドロゲン受容体」にあります。アンドロゲン受容体が強くなるとハゲやすいというものです。

ちなみにハゲになりやすい遺伝子は母親からではなく、母親の父親・母方の祖父から受け継ぐと言われています。つまり父親がフサフサであっても、母方の祖父がハゲているのなら、遺伝子を受け継いでしまっていることが考えられます。

逆に考えれば父親がツルツルであっても、将来ハゲる心配はないということでしょう。しかしハゲている有名人の父親を見ると、見事にハゲている人は多いです。ハゲている人の父親の頭髪を見てみると、「ハゲるのは母親の遺伝子によるものだ」と断定するのは難しい気がします。

一方で、「ハゲと遺伝子は全く関係がない」としている見解もあります。理由は、遺伝子に「髪の毛を消滅させなさい」という情報が組み込まれていないからです。

そもそも髪の毛は体の中にある老廃物を追い出して、体を守るために存在するものです。頭に髪の毛を生やすことで、外からのありとあらゆる障害から守ってくれるという訳です。要は、元から備わっている体の防衛システムです。体の防衛システム機能は遺伝子ではなく、普段の生活が大きく関わっていると言います。

 

男性ホルモンとの関係

ハゲる理由の筆頭としてあげられる、男性ホルモンも無関係だと力説している見解も見受けられます。もし本当に男性ホルモンがハゲを引き起こしているとしたら、男性ホルモンが最も活発に動く思春期の男性は全員ハゲていることになります。でも実際は黒々とした髪を持ち、羨ましいほどにフサフサしています。

毛深い人はハゲると、噂で広まっています。毛深さも遺伝子で決まると実しやかに囁かれているので、遺伝子説を完全に否定することはできません。実際に毛深い人の子供も、毛深くなっているという話は1つ2つレベルでは片付きません。

毛深くなる理由は、男性ホルモンが活発に働いているためです。そして毛深さを引き起こしている男性ホルモンが、ハゲを促進しているとのことです。確かに毛深いとハゲている人は多いかもしれませんが、毛深さは髪と同じく体の防衛システムの1つです。早計に「毛深い人はハゲる」と決めるのは、おすすめできません。

 

本当にハゲは遺伝するのか?

ハゲは遺伝します。分かりやすい例は、ハゲている芸能人です。ハゲている芸能人の息子を見てみると、親と同じようにハゲています。中には年齢が若いせいもあり分かりにくい人もいますが、よく見てみると生え際あたりがひっそり後退しているのが分かります。

芸能人だけではありません。周りに必ず1人は、ハゲている人はいるはずです。話を聞いてみると、必ずと言っても良いほど父方・母方の家系がツルツルになっているという話が出て来ます。親族がハゲているとあっては、「ハゲは遺伝する」言葉に対して、否定できません。

でもハッキリとハゲが100%遺伝に原因であるとは、言えないのも事実です。遺伝子の構造は90%解明されたと言われていますが、残りの10%はまだ解明されていません。

そもそも遺伝子の研究が始まったのが、1991年と新しいです。そして12年かけて、「遺伝子は30億個ある」とやっと解明されました。今は技術も進み、遺伝子の構造を調べて将来かかる恐れのある病気を見つけ出すことができるようになりました。

さらにはこれまで「治療不可能」と言われてきた病気も、遺伝子研究により治療可能になったケースもあります。

ハゲに関する遺伝子についても研究が進んでおり、研究を元にしてハゲの特効薬が開発されたというニュースもあります。しかし本当に特効薬が開発されたら、この世にハゲている人はいないでしょう。それこそドラッグストアで簡単に買えるようになり、育毛剤・発毛剤の姿は消えてなくなっているはずです。

ハゲに関する遺伝子研究は今も進められているかとおもいますが、ハッキリと解明されたというニュースは不思議と聞きません。ハゲが遺伝するのは、紛れもない事実です。しかしなぜハゲが遺伝するのかについては、ハッキリしていないのが正直な所です。

 

遺伝とハゲのメカニズム

遺伝子の基本

遺伝とハゲのメカニズムを解明する前に、まずは遺伝の仕組みについておさらいしましょう。

遺伝子は「染色体」によって、作り出されています。染色体は体のありとあらゆる情報が、ぎっしりと詰め込まれています。染色体に刻み込まれている情報は無数に及び、髪の色・目の色・身長・体重などが染色体にインプットされています。人間は染色体2本で1組・23組持っています。

同じ染色体が2本で1組になっているということは、同じ体の情報を2つ持っていることになります。さすがに2つのデーターを同時に引き出すことはできず、どちらか一方のデーターを用いることになります。

表に出て来たデーターを「優性遺伝子」・裏に隠れたデーターを「劣性遺伝子」と呼びます。

染色体は誰からもらうかと言うと、母親と父親2人から1本ずつもらいます。子供自身がオリジナルの染色体を作り出すことは、万に一つもありません。

たまに突然変異等によって、父親でも母親でもない染色体が誕生する場合はあります。でも余程のことがない限りは、遺伝子は父親と母親の染色体で作られます。

なお遺伝子情報の組み合わせパターンは、ものすごく少なく見積もっても70兆通りあるとされています。突然変異した場合を考えたら、70兆だけでは済まされないでしょう。

70兆通りの遺伝子の組み合わせがあるとなると、父親・母親がハゲているにも関わらず子供がフサフサになっている理由にも、説明がつきます。70兆あるパターンからたまたまハゲない遺伝子をゲットできたのでしょう。

70兆あるパターンの遺伝子は父親・母親だけでなく、祖父や祖母も関係しています。祖父や祖母の遺伝子を引き継ぐことを、「隔世遺伝と言います。

しかし遺伝子については、まだまだ謎の部分は多いです。例えば知能の遺伝について、何がどういう形で伝えられているのかは、わかっていません。ものすごいスピードで遺伝子の研究は続けられていますが、何もかも全て解明できるのはまだまだ先の話です。

 

ハゲのメカニズム

次に、ハゲのメカニズムについて取り上げます。ハゲの原因は色々考えられますが、主に男性ホルモンが引き起こしているとされています。

生活習慣やストレスにより男性ホルモンの一種である、「デストステロン」が活発になります。デストステロンが活発になると、「5αリアクターゼ」という還元酵素と結びつき、ジヒドロテストステロン(DHT)が生成されます。

ジヒドロテストステロンが毛の細胞であるアンドロゲン受容体と結びついてしまうと、髪の毛が成長しません。髪の毛の成長が止まってしまうと弱々しい髪になり、抜け毛が多くなります。抜け毛が多くなるとハゲてしまい、新しい髪も生えてこなくなるという訳です。

 

ハゲと遺伝子

「ハゲを引き起こす遺伝子」と呼ばれるものは、
「アンドロゲン受容体とジヒドロテストステロンが結びつきやすくなっているもの」
「5αリアクターゼが活発に働くもの」の2つに分かれています。

仮に「アンドロゲン受容体とジヒドロテストステロンが結びつきやすい遺伝子」をA遺伝子「5αリアクターゼが活発に働く遺伝子」をB遺伝子として話を進めます。

A遺伝子は母親から引き継がれるとされています。
A遺伝子は、母親にあるX染色体上にあります。
父親からA遺伝子を受け継ぐことはありません。

ではハゲの遺伝子は母親のせいかと攻めるのは、少し待って下さい。そもそも母親を責めた所で、ハゲが治る訳ではありません。母親が持っている遺伝子は、母親の父親と母親・つまり祖父と祖母から引き継がれています

A遺伝子の元を辿れば、祖父にたどり着きます。もし母方の祖父がハゲている場合、子供がハゲる確率は1/2とされています。

B遺伝子は父親・母親両方から引き継ぐ優勢遺伝子です。例えば父親にB遺伝子が2つあり、母親にB遺伝子がなかったとします。すると生まれる子供には、全員ハゲやすい遺伝子が引き継がれます。

ただB遺伝子を父親・母親両方が持っていたとしても、必ずしも禿げるとは限りません。そもそも遺伝子の組み合わせパターンは、70兆もあるのです。70兆あるパターンの中には、ハゲない遺伝子も当然含まれています。

 

ハゲ遺伝子を調べる方法

ハゲになりやすいかどうかは、遺伝子検査で分かります。遺伝子検査はAGA(男性型脱毛症)の専門クリニックで受けることができます。

方法は主に口内粘膜採取・唾液採取・血液採取・毛髪採取の5つです。

体から採取したサンプルを元にして、CGA・GGCの塩基配列が何回繰り返されているのかを調べます。繰り返されている回数が38より小さければハゲ遺伝子の疑いあり、38より大きければハゲ遺伝子は存在していないことになります。

38より繰り返している回数が少なくなると、アンドロゲンレセプターの感受性が高いことがわかります。アンドレゲンレセプターの感受性が強くなると、AGAになる確率はかなり高まります。

ちなみに遺伝子検査の費用はどこのクリニックで受けるかにもよりますが、大凡の相場としては1万円~2万円の間です。

ただし遺伝子検査をしたところで、AGAになりやすいかどうかわからないという見解もあります。CGAとGGCの塩基配列が何回繰り返そうが、AGAとは無関係であるというのです。実際にAGAにかかっている人に遺伝子検査を実施したところ、CGAとGGCの塩基配列の繰り返しとの関連性は見受けられませんでした。

しかし別の見解では、CGAとGGCの繰り返し回数とAGAは東アジア人にとっては関係があるとも示されています。結局はどっちなんだという話ですが...。

しかし信憑性があるかどうかは別として、不安を取り除く意味で言うのなら遺伝子検査はおすすめです。ハゲになる原因が分かれば、対策のしようはあります

遺伝子検査キットのご紹介はこちらの記事をご確認下さい。

AGAとハゲの違いとは?

AGAやハゲとは、毛髪がなくなり頭皮が表に出る症状を指します。一見すると同じに見えるAGAとハゲですが、2つは全くの別物です。では具体的に何がどう違うのか、探ってみました。 Contents1 AGA ...

続きを見る

 

ハゲ遺伝子があった場合の予防、対策方法

ハゲ遺伝子が引き金になりハゲてしまうのなら、対策のしようはないのでしょうか?ハゲを完全に止めることはできないものの、遅らせることならば可能です。

まずは食生活の改善です。普段からジャンクフードに頼っているのなら、緑黄色野菜中心のメニューに変えて下さい。これだけでも意外と効果はあります。

中には毎日忙しく、ジャンクフードに頼らなければならないという方もいらっしゃるでしょう。忙しいのなら、コンビニのおかずに頼りましょう。最近のコンビニは中々侮れず、美味しいおかずが沢山揃っています。

ハゲ対策として選ぶのなら、

魚介類・卵・切り干し大根・チーズ・高野豆腐が入っているのがおすすめです。魚介類などには亜鉛が多く含まれており、ハゲを引き起こす原因となる5αリアクターゼの働きを抑え込む力があります。
また肉類・乳製品・人参・ほうれん草・柑橘系・ジャガイモも、ハゲ対策におすすめの食材です。ビタミンが豊富に含まれており、健康的な髪を作り上げてくれます。

ある程度ハゲが進行しているのなら、育毛剤に頼るのも手です。

育毛剤を使用したからとは言え、ある日突然髪の毛がフサフサになる訳ではありません。育毛剤を使えば、頭皮環境改善に繋がります。頭皮環境が改善できれば、抜け毛も少なくなりハゲの進行を抑えられます。

 

まとめ

ハゲが遺伝するかどうかについては、肯定もできなければ否定もできないのが正直な所です。でも父親・母親の家系にハゲている人がいれば、高い確率で子供がハゲるのは事実です。

ただ身内にハゲている人がいるからとはいえ、過度に心配する必要はありません。しかしどうしても不安だというのなら、専門クリニックに相談してみることをおすすめします。

ハゲの遺伝子を持っていると分かれば、普段の生活を振り返って改善できる所があれば少しずつ改善していきましょう。遺伝が原因でハゲるとなると対策の立てようがないとおもわれるかもしれませんが、生活習慣を少し改善するだけでも効果はあります。

-育毛発毛に関する知識

Copyright© Fussano , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.