育毛剤ランキングと頭皮・発毛の総合ガイド

Fussano

育毛剤

ペルソナの特徴と効果的に使う方法

投稿日:

育毛剤が効くかどうかは、実際に購入してみないとわかりません。しかし育毛剤の中にはかなり高価なものも含まれており、リスクはかなり高いです。

効くかどうかもわからない育毛剤に頼るなら、最初からウィッグを買った方が早いです。また仮に全部の髪が抜けたとしても、命まで取られる訳ではありません。最初から諦めれば、何もかもが全て解決です。

しかし最初から諦めてしまうと、頭髪だけでなく今後の人生もお先真っ暗です。髪の毛1本で諦めるのなら、もっと困難な壁にぶち当たった時、乗り越えることはできません。某有名マンガのセリフを借りるのなら、「諦めたらそこで試合は終了」です。

そこで試合終了間際の方はもちろん、試合真っ只中の方でもおすすめしたいのが、ペルソナの育毛剤です。

ペルソナとは、人・人格を意味する言葉です。多くの育毛剤が「髪が伸びる」ことをイメージするネーミングが多い中、人を意味する名前をつけるのは珍しいです。でもペルソナの育毛剤を使った時、ペルソナという名前に秘められた本当の意味がわかるようになります。そしてペルソナの意味がわかった時、薄毛の悩みからも開放されるでしょう。

そこで「ペルソナ」に込められた意味を探るためにも、効果や含まれている有効成分、有効的な使い方についても取り上げます。

 

 

ペルソナの効果は

育毛剤を選ぶ際に最も重視したいのが、ペルソナの効果でしょう。髪がフサフサと生えてきて、かつてのあの頃の若々しさが取り戻せる育毛剤と言いたい所です。

しかしどんなに「髪が生える」と口酸っぱく述べた所で、説得力があるはずもありません。そこで実際にペルソナを使用した人が投稿した口コミを参考に、実際の効果について検証してみたいとおもいます。

「育毛剤ペルソナ 口コミ」で検索してみて下さい。口コミを見てみると、ペルソナを使って効果がなく怒っていた方もいらっしゃいました。しかもペルソナを使ってからというもの、抜け毛が余計に増えたという書き込みもあります。「ペルソナは詐欺だ」という声があるのも事実です。

そもそも育毛剤は髪を生やすものではなく、髪を育てる目的で作られたものです。頭皮環境を整えて抜け毛を防ぎ、今ある髪の成長を促します。だからペルソナを頭皮ではなく腕にかけても、今生えている腕毛が力強くなるだけで、腕そのものが剛毛に覆われる訳ではありません。また頭皮の炎症を抑えて、保湿する働きもあります。

さらに育毛剤は、医薬部外品に指定されています。医薬部外品は治療のためではなく、防止する目的で使われます。風邪薬で例えるのなら、医薬品は風邪そのものを治す薬に対し、医薬部外品は風邪を予防する薬です。育毛剤も同じで、ハゲを治すのではなくハゲを予防するためのものです。だから「使っても髪は生えない」という口コミに対しては、「そりゃそうだ」としか言いようがありません。

しかし口コミの大半―9割近い人は、「効果があった」と答えています。しかも、髪がなかった場所に生えてきたと答えている人もいました。

髪がなかった場所に生えたという人の口コミを見てみると、ペルソナを使うと同時に生活習慣を見直したそうです。3ヶ月という早い段階で効果が出た他の人の口コミでも、生活習慣の改善と食生活の見直しを徹底したとあります。

中には最初は効果が出なかったものの、半年使い続けると髪のコシが強くなったと口コミをしている人もいました。効果が出るのに半年もかかった理由は、髪の毛の生えるタイミングとスピードによるもの(ヘアサイクル)と考えられます。

こればかりは「人による」としか言えませんが、抜けた髪が再び生えるまでの期間は3ヶ月と言われています。ただ3ヶ月経ったら髪が生えたと実感できるかと言われると、無理でしょう。

髪が生え始めた頃の長さは、1mmもありません。5.0クラスの視力を持っているのならまだしも、1.0クラスの視力で確認するのは不可能でしょう。また薄毛に悩んでいる方の毛根は、3ヶ月で簡単に治るものではありません。最低でも更に3ヶ月・計6ヶ月は時間が欲しい所です。

「効果が出るのに半年かかった」と聞くと、効果が出るのが遅いと思われるでしょう。でも髪の生えるタイミングとスピードを考えたら、半年という時間は妥当な時間と言えます。ペルソナを販売しているメーカーでも、半年近くの使用を想定して販売しています。だから効果を実感するには、短くても半年は必要です。

 

ペルソナの特徴

そんな様々な口コミが上がっているペルソナですが、では他の育毛剤との違いさらにどんな特徴があるのか見ていましょう。

ペルソナ育毛剤の大きな特徴は、遺伝子検査が受けられることです。

育毛剤は、ペルソナ以外にもたくさんあります。育毛剤が本人に合っているかどうかは、実際に使ってみない限りはわかりません。万が一合っていない育毛剤を選んでしまった場合、効果が期待できないだけでなく、下手をすると副作用を引き起こしてしまう恐れもあります。

でもペルソナの育毛剤ならば、肌に合わないことはありません。遺伝子検査の結果に基づいて、その人にピッタリ合った育毛剤が送られてくるからです。

ペルソナの遺伝子検査とは

ペルソナが行っている遺伝子検査は、口腔の粘液から検査します。育毛剤を申し込んだら、遺伝子検査キットが送られてきます。

キットの中には綿棒と、試験管のようなものが封入。詳しい方法は遺伝子検査キットに書かれていますが、大雑把に説明すると、綿棒を口の中に入れて粘液を採取し試験管に入れて、後は指定された住所に返送するだけです。

返送用封筒もキットの中に入っており、送付先も既に印刷済みです。遺伝子検査と聞くと面倒に感じますが、やることと言えば綿棒を口の中に入れてグリグリすることぐらいです。

遺伝子検査でハゲるかどうかわかるのかと、疑問に思われるでしょう。でも遺伝子からはハゲるかハゲないかどころか、色んなことが手に取るようにわかります。遺伝子の研究は進んでいるので、近い将来は更に深い部分まで知ることができるかもしれません。

ちなみに遺伝子検査にかかる費用は検査方法によって大きく変わりますが、口腔内細胞による検査の場合は4万円かかります。一方ペルソナの遺伝子検査費用の場合は、2万4,800円とかなりリーズナブルです。自分の髪の状態がどうなっているのかを知りたい人は、ペルソナの遺伝子検査を受けてみてはいかがでしょうか。

 

ペルソナをより効果的に使う方法

ペルソナをより効果的に使う方法は、頭皮に直接つけることです。

方法はまず、育毛剤を染み込ませたい部分に分け目を作ります。分け目を作るとペルソナがつけやすくなり、有効成分を頭皮の奥まで染み込ませることができます。分け目を創る時は、クシではなく手で大雑把にわける程度で構いません。もしクシできっちりと分け目を作ると、かえって頭皮を痛めてしまうからです。

分け目が出来たら分け目にそって、頭皮に育毛剤をつけて自然乾燥をします。すぐにマッサージと行きたい所ですが、マッサージをすると折角の育毛成分を取り除くことになってしまいます。目安としては1分~2分置いてから、マッサージを行って下さい。

マッサージを行う際は強い力で揉むのではなく、優しく揉み込むことを心がけましょう。強く揉み込んでしまうと頭皮を痛めるばかりか、育毛剤の効果を失わせてしまいます。

ペルソナ育毛剤をゲットしたら、ぜひ試してみてください。

ペルソナの良いところ

ペルソナの育毛剤の良い所は、自分に合った育毛剤が使えることです。なぜなら育毛剤を使う前に、遺伝子検査を実施するからです。遺伝子検査そのものはそこまで難しいものではないので、手間はほとんどありません。

他の育毛剤の場合は、遺伝検査まではしていません。自分に合っている育毛剤かどうかは、実際に使ってみない限りわからないのが現状です。もし選んだ育毛剤が自分に合っているのならば、何の問題もありません。上手く行けば、効果も期待できるでしょう。

しかし万が一合わない育毛剤を選んでしまったら、大問題です。効果が出ないだけで済めば、宝くじで1等に当たるほどの幸運です。人によっては頭皮に腫れが生じたり、酷い人になるとめまいや頭痛を引き起こしたりする場合があります。薄毛を治すつもりで使った育毛剤が原因で頭痛が起きたら、笑い話にもなりません。

でもペルソナの育毛剤であれば、遺伝子検査で髪の状態が手に取るようにわかります。髪の状態に合わせた育毛剤を使うことができるので、副作用のリスクもありません。実際に利用した人の口コミを見てみると、副作用が出たという報告は見つかりませんでした。

 

ペルソナの注意したい所

ペルソナの注意したい所は、即効性がないことです。人によっては「3ヶ月で効果が出た」という方もいらっしゃいますが、大半は効果が出るのに半年以上はかかっています。

半年以上も時間がかかる理由は、ヘアサイクルが大きく関係しています。人間の髪の毛は育毛剤をふりかけた所で、いきなりニョキニョキと髪の毛が生えてくるわけではありません。スキンヘッドの人が育毛剤を使ったら、翌日にはフサフサヘアになっているというのは、マンガの世界だけの話です。

少しでも早く薄毛の悩みから開放されたいという気持ちは、痛いほどよくわかります。でも変に焦ってしまうと、ぬかるみにハマるだけです。急がば回れとはよく言ったもので、一見すると時間がかかりそうなルートこそが、1番の近道になることもあるのです。

 

ペルソナの有効成分

育毛剤を選ぶには、有効成分に何が使われているのかは重要なポイントです

何が入っているのかわからない育毛剤を使うのは、誰でも嫌なものです。そこでペルソナに含まれている有効成分を紹介したい所ですが、ペルソナには「これ」と言った有効成分は含まれておりません。「これ」と言った有効成分が含まれていない理由を探るにあたり重要な鍵となるのが、「ペルソナ」が持つ意味です。

「ペルソナ」の本来の意味は人や人格を指しますが、他にも「個性」の意味合いも含まれます。ペルソナは、使う人の個性に合った育毛剤をセミオーダーします。だから「ペルソナに含まれている有効成分は何か?」という答えに関しては、「育毛剤による」としか答えられません。その人のためだけに作られた特別で個性ある育毛剤こそが、ペルソナです。

ただペルソナがセミオーダーの育毛剤だからとはいえ、やはり何が入っているのかわからない育毛剤を使うのは、気が引けます。また怪しいものが入っていたり、体に危険な有効成分が入っていたりするのは良い気はしません。

でもペルソナを購入した時に、有効成分の記載があるので心配無用です。もちろん副作用もなく、ペルソナを使ったからとは言え「何か」が起こる訳ではないので大丈夫です。

なおペルソナに含まれている主な有効成分は、プログルタミン酸などのアミノ酸で、髪の毛を生み出す上で欠かせない成分が含まれています。

さらに植物エキスも配合されており、頭皮環境を整えるダイズエキス・ボタンエキス・エイジツエキス、育毛効果が高いイチョウエキス・オランダカラシエキスなどが含まれています。

他にも脱毛の進行をとめる成分、傷ついた頭皮を労ってくれる成分など、1つ1つ挙げるときりがありません。

 

ペルソナには返金保証はある?

残念ながらペルソナには返金保証はありません。今はどんな育毛剤でも、形は変わるものの返金保証はあります。だからペルソナに返金保証がないと聞くと、「だったら使わない」という声もあるでしょう。

返金保証制度があると、万が一肌に合わなかった場合はすぐに辞めることができます。でも中には返金保証制度があることを良いことに、お試し感覚で使う人がいるのも事実です。お試し感覚で育毛剤を使ってしまうと、本当の意味で薄毛の問題解決にはなりません。

ペルソナは遺伝子検査までして、徹底的に薄毛と向き合っています。徹底的に薄毛と向かっているからこそ、確かな効果が現れるのです。ただ効果が現れるのは、3ヶ月~半年はかかります。だから3ヶ月も経たない内に返品返金となると、効果はいつまで経っても現れません。かえってお金の無駄になるだけです。

つまり返金保証制度を設けていないというのは、一見すると冷たい対応ではありますが、実は顧客のことを第一に考えての決断という訳です。

ただ遺伝子検査を実施する前に解約した場合は、返金を受け付けてくれます。未開封であるのが条件となっているものの、一度契約したらキャンセル不可になることはありません。

 

まとめ

ペルソナの育毛剤は半年以上使用して初めて効果がでるスローペースな育毛剤です。即効性を期待している人にとっては物足りないかもしれませんが、本当に薄毛を治したいとおもうのなら、半年以上の時間はどうしても必要です。

半年以上の使用となると気になるのが、副作用のリスクでしょう。でもペルソナの育毛剤は事前に遺伝子検査を行うので、万が一にも副作用が起きるリスクはありません。遺伝子検査に基づいて育毛剤が送られてくるので、自分に合ったものを確実に使うことができます。

自分に合った育毛剤で効果的に使うことができれば、薄毛の悩みから開放されるでしょう。長期戦にはどうしてもなってしまいますが、長い戦いの末に掴んだ勝利の美酒は、どの酒よりも美味です。

-育毛剤

Copyright© Fussano , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.