育毛剤ランキングと頭皮・発毛の総合ガイド

Fussano

原因・対策

産後の抜け毛、そのメカニズムと対策

投稿日:

産後にはいろんな症状が体に現れますが、中でも厄介なものは抜け毛が多くなることでしょう。今まで抜け毛と縁がない生活を送ってきた人にとって、産後の抜け毛は頭皮だけでなく、精神的なダメージも大きくなってしまいます。そこで産後に抜け毛が起こる原因や、対策法についてまとめました。

産後に増えた抜け毛をとにかく何とかしたいというのなら、ぜひ参考にしてみて下さい。また妊娠とは縁がない人であっても、女性と関わる以上は、いつかは当事者になります。将来に備えるために、知識として蓄えておいても損はありません。

 

産後の抜け毛の原因は?

妊娠前には抜け毛とは縁がなかったにもかかわらず、妊娠を経て出産した後に抜け毛が多くなる原因は、産後と産前では体や環境そのものが大きく変わっているからです。

では産後と産前では、どういう風に体や環境が変わり、抜け毛を引き起こしているのでしょうか?主に産後ストレスと、栄養不足に抜け毛を引き起こす要素が潜んでいました。

抜け毛の原因は産後ストレス

考えられる産後に起こる抜け毛の原因は、産後ストレスによるものと考えられます。

産後は、赤ちゃん中心の生活になります。
赤ちゃんのために

・おしめを変える
・ご飯を食べさせる
・お風呂に入れる
・掃除もしっかりする
・夜泣きにも対応するなど

24時間休んでいる暇はありません。
1回2回のお世話ならば、赤ちゃんの可愛らしさに癒やされてなんとか乗り越えられるでしょう。

でも365日24時間・子供に物心がついて成長するまで、毎日続けるとストレスになります。しかも育児は慣れないことだらけで、何が正解かも分からない状態です。

育児書を読んで事前に勉強していた方もいらっしゃるでしょうが、マニュアル通りにはいかないものです。夫に相談しても何の解決にもならなければ、ストレスは溜まる一方です。

ストレスが溜まると血行が悪くなり、髪の毛に必要な栄養素が届きません。すると髪は少しずつ弱まり、抜けるスピードも早くなります。

後で詳しく説明しますが、産後ストレスを上手く解消するには周りの協力が欠かせません。そもそも育児は1人で行うものではなく、周りで行うものです。育児で悩んでいたら、先輩ママに相談しましょう。ご近所には必ず1人は、先輩ママがいます。また実の母親や父親にも、悩みを打ち明けても良いでしょう。

実の母親や父親は、ご自身を育て上げた大先輩ママとパパです。両親を味方につけることができれば、産後ストレスは怖くありません。

栄養不足になっている

産後の栄養不足も、抜け毛を引き起こす原因になっています。

「今の現代日本に栄養不足に陥るのはありえない」「食事の管理は、誰よりもしっかりしているから栄養不足は絶対にない」と、考えている方もいらっしゃるでしょう。

確かに今の日本は他の国と比べて、栄養価の高い食べ物は驚くほど簡単に手に入ります。また野菜中心に食事をとり、栄養に気を使っているという方も多いでしょう。

でも本当に「きっちりと栄養をとっている」と、言えるでしょうか。産後に体型が太くなり、ダイエットに励んでいるのなら要注意です。

女性必要な1日摂取エネルギーは、普段ほとんど動かない人なら、1700kcal~2350kcalは必要です。産後となると、更に450kcalのエネルギーが必要とされています。

つまり最低でも、2200kcalのエネルギーは摂取しなければいけません。しかし実際のエネルギー平均摂取量は、20代女性で1694kcl・30代女性の場合は1685kcalしかとれていません。産後に必要なエネルギーは、全くとれていない状態に陥っています。

もし産後も妊娠前と同じように食事をしているのなら、栄養不足です。しかも産後に太った体を何とかしようと食事制限しているのなら、1685kcalにすら届いていないでしょう。本来必要な栄養素がとれていないのなら、抜け毛が増えるのも当然と言えます。

中には、「育児が大変で食事をとっている暇すらない」という方もいらっしゃるでしょう。気持ちは分からない訳ではありませんが、ママが倒れると子供は大変なことになります。子供のためをおもうのなら、忙しくても栄養はしっかりととるべきです

 

産後の抜け毛のメカニズム

産後に抜け毛が増えるのは、ヘアサイクルの乱れが大きく関係しています。

妊娠中、女性の体には「エストロゲン」「プロゲストロン」という、女性ホルモンが多くなります。これら2つのホルモンについて説明すると医学的な説明になってしまい、話がややこしくなるのがオチです。簡単に言えば、赤ちゃんを授かりお腹の中ですくすくと育てるのに欠かせないホルモンです。

一方エストロゲンとプロゲストロンは、抜け毛を防いで毛の成長を促す働きがあります。現に妊婦さんの中には、妊娠をきっかけに体毛が濃くなったという人もいらっしゃるほどです。

しかし産後になると、エストロゲンとプロゲストロンの量は一気に減少します。すると成長期真っ只中だった髪は一気に休止期に入り、一気に髪の毛が抜けます。つまり産後の抜け毛のメカニズムは、女性ホルモンによるものだったのです。

 

産後の抜け毛は回復するのか?

産後で抜けた髪の毛は、必ず回復します。個人差はありますが、早い人で半年・遅い人でも1年後には新しい髪が生えてくるでしょう。

休止期に入ると髪が抜けて、新しい髪を作り出そうと準備期間に入ります。準備までの期間は2~3ヶ月。中途半端にツンツンした髪の毛が生えてくるかと思いますが、ツンツンした髪の毛こそが、産後に抜けた後に生えてきた新しい髪の毛です。だから産後に抜け毛が多くなったからとは言え、変に心配する必要はありません。

ただ産後の抜け毛が自然と治るのは、あくまでも女性ホルモンに抜け毛の原因があるのが大前提です。産後ストレスが原因で抜け毛になっているのなら、1年経っても新しい髪が生えてくる可能性は低いです。下手をすれば、ハゲが出来上がってしまう恐れがあります。

産後半年~1年経っても抜け毛が収まらないのなら、原因は女性ホルモン以外が考えられます。もし治る気配がないのなら、専門医まで相談して下さい。

ちなみに専門医に相談する場合
・精神的に悩んでいるのなら精神科
・頭皮トラブルなら皮膚科
・女性ホルモンの乱れが疑われるのなら婦人科がおすすめです。保険が適用なるかどうかは、抜け毛が起きた原因によって変わります。病気が元で抜け毛が起きていた場合は、保険適用になります。
ただし病気以外の原因で抜け毛が多い場合は、保険適用外になるので要注意です。

 

産後の抜け毛対策

産後の抜け毛対策として、1番の方法は食事です。栄養バランスが整った食事を意識すれば、産後の抜け毛を減らすことに繋がります。

また抜け毛が起きても新しい髪が生えやすくなるので、ハゲ予防にも効果的です。

しかし「栄養バランスが取れた食事が効果的」と言われても、簡単に出来れば誰も苦労はしません。そこで忙しいママでも簡単にできる、抜け毛対策について取り上げます。

タンパク質をとろう

産後の抜け毛対策としては、タンパク質をしっかり摂取することです。

タンパク質は健康で美しい髪を作り上げる効果があるだけでなく、頭皮の状態を良くするためにも欠かせない栄養素です。更に赤ちゃんを育てるのに欠かせない母乳を作るにも、タンパク質は外せません。

タンパク質の1日の必要摂取量は40mg~50mgと言われており、納豆1パック食べれば十分です。納豆が苦手だというのなら、豆腐や卵からでもタンパク質はとれます。重要なことは1つの食べ物だけでタンパク質を補うのではなく、複数の食べ物からタンパク質を補うことです。

だから朝食は豆腐入りの味噌汁と、卵かけご飯を食べます。昼食は、手抜きでコンビニや弁当屋さんのお弁当で済ませるのも良いでしょう。ただどうせ弁当を購入するのなら、肉類や魚介類がふんだんに使われている弁当を選びたい所です。夕食は、肉類・魚介類・乳製品・大豆類を余すところなく使ったメニューを揃えれば完璧です。

ビタミンB郡をとろう

ビタミンB郡は発毛・育毛を促進し、頭皮環境を整える働きがあります。また髪の毛を作るのに必要な材料を揃えるにも、ビタミンBは絶対不可欠です。タンパク質も髪の毛に必要ですが、タンパク質だけを摂取すれば良いという訳ではないのです。

またビタミンBは、疲れにくい体を作る働きがあります。育児は毎日が戦争で、体もヘトヘトになります。もしビタミンBが不足している状態で育児をすると、体は持ちません。ストレスで体がやられてしまい、薄毛になるだけでは済まされません。薄毛に悩んでいない人でも、ビタミンB郡は絶対に摂取して下さい。

しかしビタミンB郡は摂取が非常に難しく、どんなに食事に気をつけている人でも十分に摂取出来ていません。てっとり早い方法はサプリメントに頼ることですが、サプリメントは最後の手段として取っておきたい所です。なるべくならば、自然の食べ物からビタミンB郡をとるようにしましょう。

ビタミンB郡が含まれている食べ物は、豚肉・レバー・まぐろ・かつお等です。効率よくビタミンB郡をとるのなら、煮るよりも焼いてそのまま食べるのがおすすめです。ビタミンB郡は水に溶けやすい性質を持っているので、煮込んでもあまりとれないからです。

回転寿司に行った時は、カツオやマグロのネタを中心にセレクトするのが良いかもしれません。

亜鉛をとろう

髪の毛を作り上げるのに必要となるのが、タンパク質です。タンパク質が不足すると抜け毛が増え、ハゲが出来てしまいます。タンパク質を補うにはタンパク質が多く含まれている食べ物をとるのが1番ですが、”タンパク質だけ”をとれば良いという訳ではありません。

タンパク質を作り上げて髪の毛の材料にするには、亜鉛が欠かせないからです。亜鉛は髪の毛だけでなく、骨・皮膚・肝臓・腎臓・脳の成分にもなります。もしも不足してしまうと、抜け毛だけでは済まされず、体そのものが動かなくなります。

亜鉛が多く含まれている食べ物は、卵黄・牡蠣などの貝類です。「牡蠣なんて高くて買えない!」というのなら、するめ・牛肉・チーズ・高野豆腐・切り干し大根・アーモンドにも含まれています。理想を言えば普段の食事に亜鉛を意識して取り入れたい所ですが、お酒のおつまみに、チーズやするめを加えるのも手です。

ミネラルをとろう

亜鉛と合わせてとっておきたいのが、ミネラルです。ミネラルはカルシウム・マグネシウム・先ほど紹介した亜鉛もミネラルの一種です。ミネラルが不足すると骨粗鬆症になり、ほんの些細なことで骨折してしまいます。もちろん髪の発育にもミネラルは欠かせず、不足すると健康的な髪は生えてきません。

ミネラルが多く含まれている食べ物は、ひじきやワカメなどの海藻類です。ミネラルウォーターでもミネラルが含まれているので、バランスよく取り入れて下さい。

頭皮によいシャンプーを使う

産後の抜け毛対策は内側だけでなく、外側のケアも必要です。もし妊娠前と同じ方法でヘアケアをしているのなら、要注意です。

産後と妊娠前とでは、体そのものが変わっています。今までは効果があったケアも、産後では通用しなくなっている恐れがあります。下手をすれば、抜け毛を促進させている恐れがあります。

もし現在使用しているシャンプーが刺激強いものならば、低刺激のシャンプーを選んで下さい。産後のママの体はとてもデリケートで、刺激が強いシャンプーを使うと抜け毛が増えてしまいます。サイトによってはオーガニックを進めている所もありますが、オーガニックシャンプーは高く、合う合わないがあるのでおすすめはできません。しかも妙に値段が高いので、頭皮には優しくても財布的には全く優しくないです。

無難にいくのならば、無添加シャンプーがおすすめです。無添加シャンプーは髪をサラサラにする成分は含まれていないものの、頭皮に優しく、敏感肌でも安心して使えます。おすすめの無添加シャンプーはこちらです。

シャンプーの種類だけでなく、シャンプーの方法も見直しましょう。爪を立ててゴシゴシと洗っていると、頭皮を傷つけてしまい抜け毛が増えてしまいます。腹の指で頭皮をマッサージするように、優しく丁寧に洗って下さい。

 

産後の抜け毛予防策

産後の抜け毛を予防する方法は、あまり悩みすぎないことです。

そもそも産後に抜け毛が起こるのは、自然現象です。自然的に起こるものなので、気にする必要はありません。産後の抜け毛は自然と解消されるので、悩まなくても大丈夫です。

しかし抜け毛が多くなると、女性としてはショックが大きくなるものです。気にしないように務めても、どうしても気になるものです。でも抜け毛が多いというのは、傍目から見れば案外とわからないものです。自分自身は気にしていても、周りは抜け毛が多くなっていることにすら気がついていません。

視野を広げれば、抜け毛よりも深刻な悩みを持っている方は大勢います。中には、生命に関わるような悩みを持っている人もいます。万が一ハゲてしまったとしても、ヅラをかぶる等の対策法もあります。深刻に考えるのではなく、気楽に考えるようにして下さい。

サプリや育毛剤を使ってみる

産後の抜け毛がどうしても気になるのなら、サプリメントを試すのも手です。

産後の抜け毛に特化したサプリメントは、軽くインターネットを検索しただけでも、かなりの数がヒットします。髪に必要な栄養素がぎっしりと詰め込まれており、毎日決められた容量をとれば、抜け毛を防ぐことができます。

ただサプリメントの中には、少し怪しいものがあるのも事実です。無難にいくのなら、ドラッグストア等で販売されているサプリがおすすめです。

また、育毛剤を使ってみるのも良いでしょう。「育毛剤はハゲたオジさんが使うもの」と、躊躇している人もいらっしゃるかと思います。確かにCMで見かける有名育毛剤はオジさん向けのものが多く、女性が使うものではありません。でも、女性専用の育毛剤も販売されています。誰でも知ってる超有名どころの育毛剤メーカーも、女性専用の育毛剤を出しています。

カタログ通販でお馴染みのベルーナの子会社リフレから発売されている女性専用の育毛剤がこちらのビフォリアです。頭皮の弱い方でも使えるようにと開発された無添加の育毛剤です。累計170万本の販売実績と9割にも及ぶリピート率が示してるようにお勧めの育毛剤です。また30日間全額返金保証がありますので気軽にお試しできます。

育毛剤は読んで時のごとく、髪の毛を育てる効果があります。詳しい使用方法は育毛剤に添付されている説明書に書かれていますが、シャンプー後の髪に適量の育毛剤をふりかけて、優しくマッサージします。

ただしサプリや育毛剤を使用したからとは言え、必ずしも抜け毛が改善される訳ではありません。人によっては、1年経っても抜け毛が治らないことがあります。いつまで経っても抜け毛が改善されなければ、皮膚科等の専門医に足を運ぶことをおすすめします。

 

まとめ

産後の抜け毛は自然現象なので、時が経てば治ります。気になる気持ちも分からなくはありませんが、深刻に考える必要はありません。

ただ抜け毛は、普段の生活を少し見直すだけで劇的に改善される場合があります。育児のストレスで悩んでいるのなら、誰か頼れる人に相談して下さい。自治体によっては、無料での子育て相談窓口を設けています。また育児を相談できるサイトもあるので、利用しない手はありません。

また女性特有の薄毛の原因と対策法もこちらのページでご紹介しておりますので、あわせて御覧ください。

女性特有の薄毛の原因と対策法

薄毛は男性特有の悩みで、女性には無関係だとおもわれるかもしれません。しかし表に出ていないだけで、薄毛に悩んでいる女性は沢山います。 統計学的に見ると、10人に1人が薄毛に悩んでいるとされています。だか ...

続きを見る

-原因・対策

Copyright© Fussano , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.