育毛剤ランキングと頭皮・発毛の総合ガイド

Fussano

原因・対策

若ハゲ!その原因と対策方法をご紹介

更新日:

年を取ったらハゲてしまうのは、自然の成り行きだと諦めはつくでしょう。しかし20代・30代の若ハゲとなると、事は深刻です。そこで若ハゲの原因と、対策方法について取り上げます。

若ハゲの定義

ハゲとは、何らかの原因で髪が抜け落ちて頭皮が露わになる症状を言います。髪が抜け落ちる原因は色々あるので一概には言えませんが、多くは年齢を重ねることによって起こる自然現象です。しかし稀に年齢が若い人でも、髪が抜け落ちて頭皮が露わになることがあります。これが若ハゲです。

何歳位から若ハゲ?

ただ具体的に何歳から若ハゲと判断されるのかは、意外と知られていません。一般的に何歳から若ハゲと呼ばれるかについては明確な指針はなく、
本人が「若ハゲになった」となったら「若ハゲ」と判断しても差し支えはないでしょう。

例え60代・70代でも、本人が「若ハゲ」と言えば「若ハゲ」です。しかし若ハゲを「若年性脱毛症」、つまりAGAの一種として捉えるのなら、若ハゲは10代後半~30代を指します。10代後半と聞いて血の気が引くでしょうが、実際に10代の人でも若ハゲに悩んでいる人はいます。

さらに早い人になると、小学生の頃からハゲを意識し始めたという人も…。ハゲ始める年齢はじわじわと若返っているので、近い将来は「幼稚園から若ハゲが進行した」という話も珍しくなくなるかもしれません。

若ハゲの特徴

若ハゲの特徴は、額の生え際や頭頂部からじわじわとハゲ始めることです。若ハゲの多くはAGAによって引き起こされるので、大抵はAGAと似たような症状になります。しかし若ハゲだからとは言え、必ずしもAGAにかかっているとは限りません。

例えばフケの量が多くなっているのなら、ひこう性脱毛症や脂漏性脱毛症が考えられます。学校や会社で強いストレスに苛まれているのなら、円形脱毛症にかかっています。さらに強いストレスにかかっていると、抜毛症になっている恐れがあります。

思春期以降に発症しやすいのが、ひこう性脱毛症と脂漏性脱毛症です。思春期がすぎると皮脂がだんだんと増えてくることで、頭皮がベタつきフケ症が発生しやすくなり、頭皮環境の悪化を招き、抜け毛が増える若ハゲの症状です。

また抜毛症とは強いストレスから開放されるために、毛を自ら抜くことを言います。本人に自覚がないので気が付きにくくなっていますが、知らない間に手が髪に伸びているのなら、要注意です。

 

若ハゲになりやすい人、その特徴とは

若ハゲになりやすい人はいます。ズバリAGAの症状にかかりやすい人です。

AGAにかかりやすい人

AGAになりやすい人の特徴は、遺伝によるものです。父親・母親のどちらかがハゲにかかっているのなら、若ハゲの遺伝子をがっつり受け継いでいます。若ハゲの遺伝子を引き継ぐと、ジヒドロテステロン(DHT)とアンドロゲンレセプターという、魔法の呪文みたいな2つのモノが結びつきやすくなります。

ただ父方・母方の親類にハゲている人がいなくても、若ハゲを引き起こしている人はいます。遺伝が原因ではない若ハゲの特徴は、運動をしていないことです。運動をせずにいるとストレスはたまり、AGAの原因となるDHTが排出されなくなります。

でも運動をして汗を出せばDHTは排出されますが、正直ハゲを止めるほどの量を出すのはかなり難しいでしょう。現に汗を毎日のように大量に流しているプロのスポーツ選手でも、ハゲている人はいます。でも運動をすれば、ハゲを引き起こすストレスや血行不良を改善することには繋がります。特効薬というほどではありませんが、運動はしないよりもした方が効果的です。

AGAに関する詳しい情報はこちらの記事をご確認下さい。

AGAとハゲの違いとは?

AGAやハゲとは、毛髪がなくなり頭皮が表に出る症状を指します。一見すると同じに見えるAGAとハゲですが、2つは全くの別物です。では具体的に何がどう違うのか、探ってみました。 Contents1 AGA ...

続きを見る

ヘアケアが原因

また間違ったヘアケアを施しているのも、若ハゲに多く見られる特徴です。例えば男性であるにも関わらず、女性用のシャンプーを使っていないでしょうか?

女性用シャンプーを使うと髪が艶やかになりフサフサになるとおもわれるかもしれませんが、大きな間違いです。そもそも女性と男性の頭皮環境は、大きく違います。女性用シャンプーは女性のためだけに開発されたシャンプーであり、男性のために作られたものではありません。

特に注意をしたいのは、トリートメント成分です。女性が使うと艷やかで美しい髪になりますが、男性が使ってしまうと抜け毛が無駄に増えるだけです。

もし男性で女性用のシャンプーを使っているのなら、今すぐにでも男性用のシャンプーに変えましょう。案外シャンプーを変えるだけでも、若ハゲは抑えられます。

 

若ハゲのチェック方法

若ハゲの症状は、一般的なハゲの症状とほとんど変わりません。抜け毛が多くなり、頭皮が露わになります。しかし自分では意外と気が付かないもので、自覚症状が出た時は取り返しのつかない状態になります。

そこで少しでも早く発見するためにも、若ハゲのチェック方法について取り上げます。

フケ、かゆみは?

毎日シャンプーをして髪を清潔にしているにも関わらず、かゆみやフケが凄いことになっていませんか?もし少しでも心当たりがあるのなら、若ハゲに要注意です。

フケやかゆみが凄いことになっているということは、頭皮に異常が起きている証拠です。酷いフケは頭皮の乾燥・かゆみは頭皮に皮脂が多くでていることが考えられます。

頭皮を意識しすぎて毎日シャンプーすると、余分な皮脂を取り除いてしまいます。すると足りない皮脂を何とか補おうと、皮脂が過剰に分泌されます。ハゲになっていなかったとしても、かゆみやフケには警戒して下さい。

 

頭皮の状態を確認

若ハゲをチェックするのなら、頭皮の状態も見ておきましょう。見ておきたいのは頭皮の“色”です。

健康的な頭皮になっていれば青白い色になっており、不健康な頭皮であればピンク色になります。頭皮が弱まっていれば、オレンジや黄色に染まっていることでしょう。

さらに頭皮が赤い色になっているのなら、若ハゲ要注意です。頭皮が赤くなっている原因は、合わないシャンプーを使っている・血行不良になっているなどです。もし少しでも心当たりがあるのなら、今すぐにでも改善して下さい。

 

額の広さチェック

若ハゲになっているかどうか、額の広さもチェックチェックしてみましょう。

額を見える状態にし、小指・薬指・中指を3本縦に揃えて額につけます。小指を眉毛の上に置いて、額の長さを測りましょう。中指が額の生え際に来ているのなら、若ハゲの心配はありません。

しかし中指と額の生え際が開いていれば、要注意です。しかし額の広さは人それぞれで、「額が広い=若ハゲ」ではありません。あくまでも参考程度として留めておいて下さい。

 

若ハゲの原因

若ハゲになる原因は、人それぞれです。だから“何が“起きて若ハゲになったのか、ハッキリと断言はできません。そこで、若ハゲの原因としてよく見られるものを6つ取り上げます。原因が分かれば対策も立てられるので、悩んでいるのなら是非参考にしてみて下さい。

パーマやカラーリングなど

「パーマやカラーリングは若ハゲになりやすい」とよく言われていますが、大昔の話です。

昔のパーマは一種の拷問機器で、パーマをかけるために10時間以上も時間がかかっていたそうです。パーマ1つかけるのに10時間以上もかかれば、若ハゲになるのも当然です。

しかし21世紀の現在、パーマ・カラーリングの技術はものすごく発達しました。髪の毛が傷みにくいパーマ液やカラーリング剤も登場し、所要時間も2~3時間で済みます。

そもそもパーマやカラーリングは、頭皮ではなく髪の毛につけるものです。根本ギリギリまで液剤を染み込ませるものの、頭皮に直接液剤をつけることはありません。つまりパーマ・カラーリングが若ハゲの原因になっているという話は迷信です。

 

ロン毛は若ハゲになりやすい?

またロン毛も、若ハゲになりやすいと言われています。

しかしもしロン毛が本当に若ハゲを引き起こしているのならば、世の中のロン毛の頭髪は大変なことになります。でもロン毛はハゲを目立たせる髪型であるのは、紛れもない事実です。

若ハゲを隠そうとあえて髪を伸ばしている人も多いとおもいますが、薄い部分が変に目立つだけです。

しかも頭皮に負担がかかってしまい、若ハゲの進行が早まるだけです。若ハゲを隠すのなら、ロン毛よりもサッパリした短髪の方がおすすめです。

 

AGA発症

若ハゲの原因3つ目の理由は、AGAによるものです。

AGAとは男性型脱毛症のことで、額にM字・U字、頭頂部にO字のハゲが特徴的です。ハゲている男性の9割は、AGAが原因と言われています。

男性ホルモンの一種「テストステロン」と、「5αリアクターゼ」が結びつくと、ジヒドロテステロン(DHT)が生成されます。

ジヒドロテストロンは毛根にあるアンドロゲン受容体と結びつき、髪の成長を邪魔して抜け毛を増やして、ハゲを作り上げます。一応AGAについて説明しましたが、カタカナ語ばかりの、羅列で何のことかサッパリです。

要は結婚して生まれた子供がヤンキーで、いじめられっ子と仲が良い友だちと手を組んで、髪の毛をいじめているという訳です。いじめはいけません。

しかしオジさんならば、「ハゲの原因はAGA」と言われると納得できるでしょう。でも「若ハゲの原因はAGA」と言われても、納得できないかとおもいます。

AGA発症率は20代10%・30代は20%で、若い年代のAGA発症率は少ないです。でも20代でも10%の人は、AGAに悩んでいるのは事実です。「自分は関係がない」とおもっている人ほど、知らない間に深く関わっています。

 

生活環境、ストレス、スマホやゲーム、たばこ、寝不足

若ハゲになる原因4つ目の理由は、血行不良によるものです。血行不良の原因は、生活環境・ストレス・寝不足など、普段の生活にあります。

ストレスや寝不足が続くと、生活環境は悪くなります。生活環境が悪くなると血行不良を起こし、頭皮に栄養が届きません。頭皮に栄養が届かなくなると健康的で艷やか髪が生えず、弱々しい髪しか生えてこなくなります。髪の毛が生えてくれるならまだしも、下手をすれば生えて来なくなることも…。

またスマホやゲームのし過ぎも、若ハゲを引き起こします。ただ勘違いしていただきたくないのは、スマホやゲームが髪の毛をむしり取っている訳ではありません。スマホやゲームを同じ姿勢で長時間続けると体が固まり、血行が悪くなってしまいます。「絶対に禁止」とまでは言いませんが、何事も程々が肝心です。

 

食事環境、お酒

若ハゲになる原因5つ目は、食生活にあります。

髪の毛も体の一部であり、栄養が足りなくなると健康的な髪は生えてきません。ファーストフードやジャンクフードが多くなると、栄養バランスが偏ります。また飲酒も若ハゲを引き起こしている要因になっているので、要注意です。

髪の元になるのはタンパク質で、ミネラルやビタミンの力を借りて髪は育てられます。しかし3つの栄養素の内どれか1つだけでも不足すると、髪は育ちません。タンパク質は肉・魚・乳製品にも含まれています。

栄養を補うのなら、サプリメントを使うのも手です。ネットを見れば、若ハゲ対策にサプリメントをすすめているサイトもあります。でもサプリメントは最終手段に置いといて、まずは自然の食べ物から栄養をとるようにして下さい。

 

遺伝

若ハゲになる5つ目の原因は、ずばり遺伝です。

父親・祖父・親戚にハゲている人がいれば、間違いなく遺伝が引き起こしています。父親・祖父にハゲている人がいないから大丈夫とおもわれるかもしれませんが、絶対に大丈夫という保証はありません。

ハゲになりやすい遺伝子を持っているかどうかは、簡単な検査ですぐに分かります。口の粘膜を採取して施設に送れば、ハゲやすいかどうかが判明します。

ただし遺伝子検査にかかる値段はかなりのものになるので、財布としっかり相談をした上で判断しましょう。

若ハゲの原因が遺伝子となると防ぎようはないものの、ハゲを遅らせることならば今日からでもできます。普段使っているシャンプーは自分に合ったものを使用し、適度な運動を心がけましょう。100%防ぐことはできませんが、若ハゲを目立たなくすることなら可能です。

 

若ハゲの対策

若ハゲの進行を止めるには、早い目の対策が肝心です。頭皮状態が悪く、赤みや吹き出物がありフケが多くなっているのなら、育毛剤が便利です。

しかし年齢を重ねた人ならばともかく、若い人となると「生まれて初めての育毛剤」という方は多いとおもいます。生まれて初めて育毛剤を使うとなると、何を選べば良いのかわかりません。中には育毛剤を購入することに、抵抗を感じている人もいるでしょう。

 

育毛剤で若ハゲ対策

育毛剤を購入している所を誰かに見られたくないのなら、今はネット通販を使う手があります。最近の育毛剤はオシャレなパッケージが多く、一目見て「育毛剤」とすぐにはわかりません。

副作用の心配もあるでしょうが、育毛剤に限って言えば副作用のリスクは少ないです。ただし“絶対に”副作用が起きないというわけではないので、もし少しでも異常を感じたらすぐに使用を中止して下さい。

育毛剤にはいろんなタイプがありますが、中でもおすすめしたいのは頭皮環境改善に効果があるものです。

育毛剤には髪を強く太くする効果があるものもありますが、頭皮が弱まっている以上、強く太い髪が生える率は少ないです。草木を育てるのにしっかりとした土壌が求められているように、強い髪を育てるには健康的な頭皮は欠かせません。

 

AGAで若ハゲ対策

またおもいきって、AGA治療に踏み切るのも対策の1つです。若ハゲの多くは、AGAによるものです。AGAは素人でどうにかしようとしても、できるものではありません。そこで専門医の力を借りて、AGA治療に取り組みましょう。

治療費は保険がきかないので、少々高くなるのは否めません。でも最低でも3ヶ月は治療に取り組めば、効果は出てくるはずです。

 

まだハゲてない人も若ハゲ予防を!

まだ若ハゲになっていないからと、安心しきっている人もいるでしょう。でも若ハゲは確実に忍び寄り、既に毛根に標準を合わせています。後はトリガーを引くだけです。でも万が一毛根が狙われたとしても、事前に対策を練れば問題なしです。

 

食生活の改善

まずは食生活の見直しです。ジャンクフードばかり食べず、野菜や肉を意識した食事メニューに切り替えてください。しかしジャンクフードは一度食べると辞められず、ある日突然食事を変えろと言われても無理な話です。

もし難しいのならば、1日1回だけでも良いので食事に野菜を取り入れてみて下さい。野菜があるとないとでは、若ハゲの進行度は大きく変わります

 

禁煙のススメ

タバコを普段から吸っているのなら、禁煙することもオススメします。若ハゲの原因の1つに、タバコもあげられます。タバコの中にあるニコチンは血管を補足して、血流を悪くする働きがあるからです。

人にもよりますが、タバコをやめたら髪がフサフサと生えてきたという報告もあります。タバコは頭皮だけでなく、体全体の健康にも大きく関わります。健康のためにも、タバコはなるべく控えるようにしましょう。

今からでも遅くはないので、ヘアケアの見直しもしておいて下さい。若ハゲを引き起こす原因は、間違ったヘアケアを施していることにあります。間違ったヘアケアをすると頭皮に負担がかかり、抜け毛を引き起こしてしまいます。

ヘアケアは頭皮に癒やしを与えるものであり、ダメージを与えるものではないことを肝に銘じておきましょう。

 

まとめ

10代・20代でハゲができると、全身の血の気が引いて「人生の終わり」のような思いをするかもしれません。

でも変に慌ててしまうと、ハゲは余計に進行してしまいます。まずは一旦落ち着いた上で、若ハゲと向き合いましょう。そしてきっちりと対策を講じれば、若ハゲの進行を防ぐことができます。

 

-原因・対策

Copyright© Fussano , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.